マンションを売却したいと考えるなら、まずは何をしたらよいのでしょうか?
そう、不動産会社に相談ですよね。
問い合わせだけなら無料で対応してくれます。

実際の査定などを行うと手数料を取られる場合もありますので、査定を依頼する前に
事前に確認しておくことをおすすめします。

最近はインターネットでいろいろな情報を収集することができるようになりましたので
ネットで不動産査定を依頼することもできます。

また、近隣のマンションや同じマンションの販売状況を調べてみると、自分のマンションの売却がおおよそ推定できます。

言うまでも無いですが、電話やインターネットの査定、現在の販売物件状況が分かっても
あなたにお部屋の正確な査定は訪問を受けなければ出てきません。

訪問査定を受けたとしても、注意しなければならない点があります。
査定金額は、不動産会社が直接購入してくれるのではない。という点です。

一般的な査定は仲介を前提。つまり仲人役として行うことがほとんどです。
どういう事か説明しましょう。
査定額が決まっても、すぐに売却が決まるわけではなく、そこから買い手を探すことになるのです。

つまり「売れるまでに時間がかかる」という事です。
また、「売れる保証はない」という事も重要です。

査定額よりも高めに売り出せば出すほど、買い手が付かない可能性が高くなることは説明するまでもないと思います。

ここで、価格を下げるかどうかは持ち主の判断によります。
少しでも高く売りたいと考えているなら、買い手が見つかるまでずっと待つこともできるでしょう。

しかし、待てば売れるのか?という訳ではないので、競合物件の成約情報も得つつ判断をすることが望ましいです。

参考サイト情報:マンションの住宅ローンが払えないなら