【破たん事例1】無理をして住宅ローンを組んで支払ができなくなった!

1-1.住宅ローンを組んで物件購入!
住宅ローン返済ができなくなって破綻した事例として、まずは無理をして住宅ローンを組んだために支払ができなくなったFさんのケースを見てみましょう。
Fさんは、年収400万円のサラリーマンですが、子どもも生まれたので、妻と相談してマイホームを購入することにしました。
そこで家を探していると、どうしてもほしい物件が見つかりました。
Fさんの毎月の手取り収入は25万円くらいでしたが、その物件を購入しようとすると、月々の住宅ローン返済額が13万円にもなってしまうのでぎりぎりのラインでした。
「厳しいかな?」とは思いましたが、Fさん夫婦はその物件をどうしてもほしいと考え、何とか購入する方向で検討しました。
お世話になっていた不動産屋や銀行に相談すると、「ボーナス払い」を利用すると何とか支払えるのではないか、ということでした。
ボーナス払いとは、毎月の住宅ローン返済額は低く抑えて、その分年2回などのボーナス時の返済額を増やす住宅ローン支払い方法のことです。
ボーナス払いを入れて計算した所、月々の住宅ローン返済額が10万円程度になったので、Fさん夫婦は、それなら月々の住宅ローン支払額が減るので返済ができそうだと思いました。
そこでFさん夫婦は、ボーナス払いを利用した住宅ローンを組んで、希望通りのマイホームを購入しました。
1-2.支払いが苦しくなってサラ金で借金!
確かに気に入って購入した物件なので、Fさん家族はその家にとても満足していました。
ただ、もともと無理をして住宅ローンを組んでいたので、だんだんと住宅ローン返済が苦しくなってきました。
とくに、ボーナス払いを利用していたため、ボーナスを住宅ローン以外の用途に使うことができなくなり、突発的な支出に対応できなくなってしまいました。
月々の支払にも決して余裕があったわけではないので、冠婚葬祭費や子どもの学校の費用、病気にかかった場合の治療費などはすべてボーナス頼みだったにもかかわらず、ボーナスを住宅ローン返済に充てるようになったので、お金が足りなくなってしまったのです。
毎月ぎりぎりまで生活費を切り詰めているにもかかわらずまったく余裕のない日が続き、旅行も特別な日のプレゼントなどもできず、Fさんたちは大変息苦しい生活をすることになりました。
最初の数年間は何とか生活を切り詰めて住宅ローンの支払いを継続していましたが、徐々に住宅ローンの返済が遅れ遅れになってしまい、滞納するようになりました。
支払に遅れると借入先の銀行から督促が来るので、あせって支払をすることを繰り返していましたが、ついにどこにもお金がなくなってしまい、仕方がないのでカードローンを利用して住宅ローンの支払をしました。
ところがそうなると、今度はカードローンの返済も必要になり、借金返済のために他のカードローンや消費者金融などで借金を重ねるようになりました。
気づけば借金額がどんどん増えてしまい、住宅ローン以外に消費者金融やカードローンなどで合計300万円もの借金ができてしまっていました。
1-3.支払いが出来なくなって破綻!
Fさんは、到底住宅ローンの支払いができなくなってどうすれば良いかがわからなくなり、サラ金やカードローン、住宅ローンなどの支払を一切止めてしまいました。
すると、サラ金や銀行から電話や封書などで督促が来るようになりました。
銀行からは、「このまま支払ができないなら保証会社に代位弁済してもらって家を競売にかけるしかない」と言われています。
Fさんは、せっかく購入した家なのだから、手放したくはないと考えていますが、住宅ローンの返済ができなくなったので、これからどう対処すればいいのかわからず悩みきっている毎日です。
住宅ローンの支払いができなくなったら