マンション売却に必要な費用とは?

今回はマンション売却をする際の費用について考えていきたいと思います。
大きな金額が動くので、いろいろな費用が発生します。
ほとんどの、不動産会社は査定が無料で受けることができます。
もちろん、オンラインの一括査定も無料です。
しかし、一般的な査定は、買い取り査定ではなく、仲介査定ですから、その後に不動産会社に仲介をしてもらわなければならず、仲介手数料が必要になります。
仲介手数料については、仲介手数料とは?をご覧下さい。

また、買主が決まれば売買契約書を作成することになります。
売買契約書には売買金額に応じた収入印紙を貼付する必要があります。

これで終わりかと思うかもしれませんがまだあります。
名義変更の手続きを行う司法書士への手数料が必要です。

関東では、買主が名義変更に必要な費用を支払うのですが、関西では、名義変更費用の一部を売主が負担する慣習があります。
また、名義変更の登記には、登録免許税という税金が必要になり、収入印紙代で収めることになります。

もちろん、少しでも手数料の支払いを少なくしたいなら、登記を自分でできることをやることも可能です。しかし、住宅ローンの融資を受けて購入する場合、司法書士への依頼が義務付けされることが多いですから、確認が必要です。
仮に、義務化されていない場合でも、不動産の登記で何か間違いがあると非常に大きな損害になりますので、ご自信で登記を行うことはおすすめできません。

さて、その他の必要経費として考えられるものは、住宅ローンの一括返済手数料と抵当権抹消登記費用です。

金融機関によっては、返済する金額の3%近くの一括返済手数料を取る所もありますので気をつけたいところです。
特に融資金利の高い金融機関ほど、返済手数料も高額になるケースが多いです。

さて売却に関する経費ではありませんが、売却益に対して税金がかかります。
簡単に言うと、売却代金-売却経費-購入現価がプラスなら、つまり利益が出ているなら譲渡所得税の対象になります。

一定の要件を満たす居住用の不動産の売却については、特別な優遇規定がありますので、適用を受けることが出来るか確認もしておきたいですね。

以上、マンションの売却時に発生する費用について説明をしてきました。
いくらネットで調べても完璧にはなりません。

やはり最後は、不動産会社の担当者と相談しながら進めることが大切です。
無料査定を受けることは簡単ですが、その後の手続きの流れを知っておくことも大切ですので覚えておいていただきたいと思います。

売却の流れなどは基礎知識として各社のホームページなどに掲載されていますから、一度は読んでおきましょう。