仲介手数料とは?

マンションを売却する際、仲介手数料が必要になることが多いです。

「仲介」は法律用語で「媒介」と言いますが、簡単に言うと間を取り持つ役割になります。

マンションの売却に当てはめて言うと、「買い手を見つける作業」が媒介業務となります。

例えば、5000万円で販売している部屋の場合、5000万円で買い手を捜すことになります。

誤解されやすいですが、売買に関して、媒介不動産会社は利ざやを取りません。

代わりに媒介報酬という報酬を受け取るのです。

さて、この媒介報酬。一体いくら必要なのでしょうか?

国土交通省が定めた上限規定があり、売買する価格によって媒介報酬は代わります。

売買代金を、200万円以下の部分、200万円超400万円以下の部分、400万円超える部分に区分し、それぞれ5%、4%、3%を乗じます。

つまり、200万円以下の部分は5%で10万円
200万円超から400万円以下の部分は4%で8万円
400万円超える部分は3%となります。

世の中に流通している不動産の多くは400万円を超えていますので、即算式で物件価格×3%+6万円という計算方法が用いられることが多いです。
ついでに言うと、税別です。

一方、直接買取であれば、媒介報酬は必要ありません。
しかし、直接買取の場合、買主は不動産会社になることが多いので、いわゆる下取り価格となり、仲介手数料がかからない代わりに売却できる値段そのものが安くなります。

一概にはいえませんが、相場の6割から7割程度になります。
尚、「自社査定の95%で高価買取!」などという会社は自社査定そのものが安いため、注意が必要です。

良くある質問ですが、販売を依頼したけれど、売れなかった場合、仲介手数料はどうなるのか?というものがあります。

媒介業務は成功報酬ですので、成約に至らない場合、仲介手数料は発生しません。

但し、販売を依頼している期間中に自己都合で販売を停止、解除した場合、それまでに要した実費を請求させる可能性が高いので、むやみに依頼することは避けたほうが懸命です。