公庫の金利が上がってしまったマンションを売りたいなら

住宅金融公庫で借入れした方限定の記事です。

現在は住宅金融支援機構という名称になり、フラット35という名の商品に変わりましたが、昔の公庫の融資は二段階金利でした。

11年目から金利が大幅に上昇してしまう融資。

当時は、年齢と共に給料も上がる「だろう」という楽観的な予想で融資する商品があったのです。

今考えると信じられない商品ですが、、、

この商品を利用した方の多くは、一気に増える返済で本当にご苦労されていると思います。

もしあなたが、公庫の金利が上がって払えない!と思っているのなら、売却する前にやるべきことがあります。

公庫の金利が上がって返済ができないならという記事がお役に立つと思いますよ。